Race Report 2
GT−Roman Sapporo
FF Rally Car レース
12月7日、ワタシの車が完成しないため延び延びになっていたレースが開催された。結局、前々日のウイング落下のアクシデントで間に合わなかった為、最初に店に行った時に店長に製作してもらったボディを流用。しかしこのボディ度重なるバトルのためかかなりクタビレているため、各所を修正、ミラーの再生やタッチアップ、アンテナは伸ばしランナーを使い基部は電子部品用のハンダを巻いて作った。ウインドウを磨いて何とか見れる状態に。コックピットおよびシャシーはライオンプジョー。レースレギュレーションらしき物はほとんどないがロールケージなど内装の再現、FF、くらいか。重量規定もないタイヤはワタシのはリアタイヤはキットのゴムタイヤを使用している。ボディをマウントして走行してみたところ、かなりグリップしている思ったよりリアが流れない...大丈夫と判断したのだけど。しかし、このことがレース当日はかなり不利となったかもしれない。

真剣に車の調子を見る自分。実はこれには理由がある。ラリーカーレスという事で最初にボクガ思ったのはかの"ギスラ"さんで行われた同様のレースで障害物を設置していたことである。つまり早さ以外の物理的なファクターを取り入れ面白くしようと思った。店長が考えたのがキットのタイヤのサイドウオールを薄く切り並べた物である。(写真ロールオーバー)高さによって微妙であるらしいが外れそうでハズない?またその逆というような面白いものとなった、。これを各コース2カ所に設置。設置場所が全コース違うためブレーキングポイントも違ってくる。併走しているとかなり混乱しそうである。だから写真のように珍しく真剣に練習(^_^;)
レース当日、この冬一番の寒さとなった。日中でも0℃以上とならない真冬日、そしてお店はコンクリート製の車庫を改造しているため暖房を入れても底冷えのする状態。このためワタシの車のゴムタイヤは硬くなりコーナーでリアが滑りアクセルを入れられない.....しまった〜〜!!レースは各コースを2回走る6ヒート、第3ヒートまでは外れた車を直すときに防寒着によるコース遮断という妨害にも関わらず店長に数周リードされている。(オイオイ)W氏は第2ヒートでブラシ調整が裏目に出て障害物でスタックしラップ数減。

やはり波乱は後半におきた。障害物の振動に寄るものか店長の内装がズレ、リアタイヤに干渉したようである。このため店長はリズムに乗れずコースアウトやクラッシュを連発、ワタシが逆転することになった。
今回も全くの運で1位となったがかなりの接戦であった。特に勝負に対する店長の執念はスゴク、これからは勝てないかもしれないなあ。



GT-Roman Sapporo ADDRESS 札幌市豊平区西岡
TEL 011-855-7210
電話は自宅と兼用ですので、その点を考慮の上で連絡して下さい。



このページはGT-Roman Sapporoの許可を得てアップしています。