1/32 Slot Car
PART 1 2 3 4 5 6 7 8 9
Lotus 62
プレペイントの塗装が何故かクリアに負けて剥がれ、最初から全部やり直した個体。これ以後、ウレタンクリアーを使うきっかけとなったキット。
大きな画像で見るとやはりウインドウパーツの合いが悪い。
HEALEY REPCO LM70
突然思い立って作り出したキットで少々、ベース細部の仕上げが粗い。それが最後まで目立つことになってしまった。それでも完成してみるとお気に入りではある。
Lotus 40 Riverside '65
いつものごとく、手を付けてからかなりの時間が掛かってしまった。おまけに完成したと思って写真撮影すると各ダクトが未塗装状態。
Ferrari 512BB '78
マスキングが難しく、一度塗装をやり直した。レジンキットの宿命か、窓の合いがやや悪いような感じがする。リアウイングも変形を修正したが完成するとやっぱり目立つ。
Ferrari 365GTB4 LM'77
防護ネットを除けば、512BBよりはずっと作りやすいキット。仕上げも512より上手くいったのでお気に入りの1台か。プロトのタイヤチョイスにもう少し幅があれば良いんだけど。
Ferrari DINO246GT LM'72
フランスのスロットフォーラム限定のプロトキット。偶然手に入れることが出来、譲ってくれた人に見せるため、入手から早めに完成した。窓を除けばこの頃のプロトは丁寧な感じがする。
Lotus 72D
スケレからレジェンドシリーズで72Eが発売されたので、ありがたみは無くなってしまったがJPSロゴが入っているのと印象がかなり違う。落ち着いて撮れなかったので写真が少々汚いかも。
Isetta 250
内装に色々手を入れたキット。可愛らしいスタイルは再現されているのでその甲斐があった。現在は家族仕様の内装になったキットに成っている。シャシーがもう少し良ければもっと良いのだけれど