1/32 Slot Car
PART 1 2 3 4 5 6 7 8 9
Lotus 34
Beardogのインディフォーミュラ シリーズ最後の1台。塗装を3回もやり直したり、ボディとシャシーの取り付けがかなりタイトなので調整に時間が掛かったが完成するとやっぱり良い。惜しむらくはもっとリリースして欲しかった。
Tyrrell P34
マッチボックスの1/32プラモを強引にスロット化。出来るまで何年かかったかも忘れてしまった。今ならミニモーターも出ていてもっと作りやすかったと思う。苦労しただけ思い入れも大きな1台かも。
Lotus 79
以前に比べるとシャシーやフロントサス廻りがかなり上部になったように見える。それでもクラッシュすると壊れそうだが、これでそんな走りをする人はいないか。写真付きの丁寧なインストは他に類を見ない。
Ferrari 126C2
GTMのキットは素晴らしい、パーツのディテールだけでなくレジンのシャシーもピッタリ合う。
もうちょっと気軽に買えるならもっと良いのだが、メールで注文するのはやはり敷居が高いかも。
Brabham BT46
一見綺麗に成形されているように見えるこのキットはどれだけ擦り合わせを行ったかで仕上がりがかなり違うと思う。フアンを回るようにし、デカールのチリ合わせがキモだけど自分のはイマイチまだ甘い。
1981 Le Mans Ferrari Bellrancauto
最近作った中では一番完成度が低いかも。窓の処理やシルバーリングの発生を予想しなかった自分のスキルの無さを痛感する仕上がり。キットを生かし切れなかった1台だが完成するとそれなりにお気に入りになる。
Ferrari 156-85
一番面倒なのは走ることを想定していないようなフロントサスアームの取り付けと、キットでは発売されていないアルボレート仕様に変えること。それ以外はわりとサクサク進んだ。
Lotus 56
シャシーの固定が特殊なのとボディが細いので、とにかくフロントが違和感なく、落ちるまで調整が必要。後は大きなウインドシールドとミラーを上手く作れるかで完成度が左右されると思う。