1/32 Slot Car
PART 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
PINK STAMPS Lotus 30
Beardogキット最後の1台。相変わらず専用シャシーの取付けがかなりシビアなので、スペーサーを噛ませないとボディが載らない。しかし、重心が低くギアの噛み合わせも良いので走行性はかなり良い。
Lotus 56B
何故かアップするのを忘れていた。このキットのキモは何と言ってもコックピット廻り、開口部がわりと大きいので、ウインドシールド取り付けやステーの長いミラーが目立つ。後はシャシーが特殊な取り付けなので若干、改造が必要なことか。
LIGIER JS5
オリジナルボディを見たときはイマイチのらなかったが、フロントノーズを修正したあたりから俄然やる気が出たキット。独特なインダクションポッドも愛着が湧く。トランスキットなのでミッションカバーがデカイのが玉にキズ。
FIAT Giannini 700
PRSのフィアットを24サイズと同じカラーリングにしたいと、大幅改造に成ってしまったキット。ここ最近では一番苦労したが、その甲斐があったと自己満足できる完成度かな。今回はジオラマ風に撮影してみた。
OSCA MT4 LM'54
かなり前に手に入れた珍しいslot classicのキット。半完成ボディの仕上げは素晴らしい。コレだけの完成度のスロットカーはなかなか無いと思われ、完成品が高いのも納得。
JIDE
フランスフォーラム限定のプロトのキットなので、手に入れるのは結構大変だった。何気に注文するときに問い合わせたら持ち主を紹介してもらいラッキーだった。抜きが少々悪く、小さなパーツが多いので意外に手間が掛かった。
ALFA ROMEO SPYDER Mille Miglia
最終工程のウレタンクリアが劣化しているのに気がつかず、吹いた後に何故かシワがよってしまい仕上げは見苦しくなった。研ぎ出して新品のクリアを吹いたが時間の経過とともに下地のクリアが目立ってきた気がする。それでもお気に入りの1台ではある。
Ferrari 335S
いつ買ったのか忘れてしまうほど昔購入したキット。今のslot classicと比べかなりチープで作りにくいが完成すると味があってお気に入り。
最近はこの車のように欲しくなるようなアイテムが、なかなか出ないのが残念。